エントリー  コメント  トラックバック  カテゴリー  リンク  プロフィール 
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< has 第三回目を終えて | main | webサイト >>
2018.02.07 Wednesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.31 Sunday

2017

もう今年の残りわずか。


もしかしたらこのブログを見てる人は2018年なのかもしれないけど、僕は2017/12/31に書いてます。

ありがたいことに今年は今まで経験したことのない忙しさでした。


春過ぎくらいからバタバタし始め、やっと落ち着いたなーと思ったのは12月中旬でした。

毎日毎日とにかく自分のしないといけないことをすることで精一杯な時間も多く、考えるよりも今すべきことにベストを尽くしたりもしていました。

忙しすぎると考えがまとまらず、自分が何を考えてたのかわからないくらいになるんだって必要かどうかわからない経験までもできた。

 

忙しかったということは仕事の分母が増えるということ。
分母が増えるというと今までの考え方だけでは対応できない事案が出てくる。
その都度、高揚もすれば動揺もするんだけど、今ある考え方では気持ちが押しつぶされてしまうんじゃないか?と感じて、いつも以上に自分にとって心穏やかに過ごせるヒントがないのかって本を読み漁ったりもした。

 

嬉しいこと楽しいことももちろん、悲しいこと辛いこともたくさんあった。

 

そんなけたたましく過ぎていった時間のなかで必死に自分にとって大切なこと見つめ続け、僕にとってこれからの種火になるんじゃないかと思えるものが落ち着いた12月中旬から一気にやってきた。


その種火は種火らしく少しの風でも消えるかもしれないか弱きものだけど、この種火が少しずつ少しずつ大きくなり、しっかりとしたものになる風景が僕にはしっかりみえていて、それを予見するかのように今年一年は忙しい最中にゆっくりゆっくり季節の移ろいのように、自分自身の環境を整え続けてきてた。
その甲斐あって、年明けから言い訳できないくらい良い環境で仕事が始められる。

 

出会えた種火、それがを生かすも殺すもこれからの僕次第。
すぐ大きくなることはないけども着実に種火に木をくべていきます。


どうなるか、僕が一番楽しみです。

 

今年一年ありがとうございました。
また来年。
良いお年を。

2018.02.07 Wednesday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
Sponsored Links