エントリー  コメント  トラックバック  カテゴリー  リンク  プロフィール 
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2018.02.07 Wednesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2015.10.26 Monday

sosoのこもの展、みのり市

9/21,22と福岡のビワさんに在店してきました。
一度岡山で一泊してそのあと福岡へ。
とてもコンパクトなビワさんには入りきらない家具類は外に。



外との距離がとても近く感じる店内。



写真では全く伝えられないビワさんふらさんふらごはんさん。
また行きたい。

10/10,11は大阪阿倍野のあべの王子神社でみのり市でした。
昨年に続いて二回目。
森道市場とみのり市だけはイベント出店しています。
詳しく説明するのは難しいですが、どこか一本筋の通ったイベントだと感じて、とても素敵だなーと思いながら参加しました。


茶而は10時にお昼ご飯を食べ出してました。

夜は辻本さんとたらふく餃子と担々麺とどんぶりを食べて、気持ちのよいホテルで休んでと楽しい時間でした。



お越し下さったみなさま、ありがとうございました。
2015.08.18 Tuesday

旅立ち

先日の8/17に愛犬のここたろうが息を引き取りました。

僕らは約15年ほどここたろうと生活を共にしました。それはそれは幸せで楽しい毎日でした。
今年に入ってから少しずつですが老いを感じさせる動きや不調が出始め、この1ヶ月くらいは大好きなご飯も散歩も食べれない、出来ない日も増えていました。
老いてく姿、不調で動けない姿はとても悲しく辛かったのですが、どんな事があっても最後まで看取ってあげることを心に決め、しっかりと観察しながらここたろうが喜ぶ事を考え、体調を見ながら散歩や食事を与えていきましたが、最後の2日は呼吸するだけで精一杯になり息を引き取りました。

20代ころ、僕はここたろうにたくさんのことを教えてもらいました。
自分の理想と現実が全く埋まることのなく、かけ離れている事に刺々しかった気持ちを毎日自宅で帰りを健気に待つ姿は少しずつ僕の気持ちに変化をもたらし、散歩を通して何気ない日々の美しさを見せてくれました。

やがて僕らは結婚をし、愛知に引っ越し、茶而が産まれ、sosoを始め、木と森を始め、昨年戸利が産まれました。
これら全てとまでは言えなくとも、ここたろうと言う存在は大きく影響を及ぼしており、僕らの人生において多大なる功績を残してくれました。

とてもとても寂しくまだまだ哀しいですが、ここたろうが僕らに与えてくれた時間や経験はいつまでも心に生きてくれるのだと思うと優しい気持ちが湧いてきます。

本当にありがとう。
もし俺が死んだらあの世でまた散歩しながら色んなもの見せてね。
それを楽しみに必死で楽しく生きるからさ。
ここたろう、お前は最高だよ。

2015.07.04 Saturday

7/4


なるべく毎日を淡々と過ごしたいと努めてはいるけども
家族の不調1つでそんなこと言ってられなくなる。

春から誰かが体調不良と言う時間が続いている。
どれも通院や安静にする程度のことだが
続くと気持ちに余裕がなくなってしまう。

どれだけ自分を奮い立たせても
大丈夫だと言い聞かせても
臭いものに蓋をするようなことで
やはり根本が解決しないことには大差はない。

ある大きな失敗をした。
今までした事もないし
いつもしない様に注意もしていた

その時、大きな後悔の後に
自分でもびっくりするような安堵感が訪れた

やはり無理してるんだと
自分に神様が諭してくれたように

ある本で
「冬に枝葉に積もる雪は重く負荷を掛ける
その負荷に耐えた先の春には一回り強くしなやかな木になる
春に咲く花や夏の緑、秋の紅葉と華やかなものに眼を奪われがちだが
苦しみや辛さも人生において同等の価値がある」
と書かれていた
読んだ時から今でも好きな哲学だ

雪解けももう目の前。

昨日も今日も明日もきっといい日
 
2015.05.12 Tuesday

森、道、市場に出店

5/9.10と蒲郡で行われた「森、道、市場」に出店しました。

「soso」と「木と森」の雰囲気の違うお店を2つ運営していると野外でターフを張っての出店はとても簡易的で自分たちがわくわくするような見せ方ができず基本的には出店しないことにしています。

森、道、市場には縁があり今回で3回目の出店。
そのイベントとしてのコンセプトや発信方法や対応力にはただただ感心するばかりで来られてる方々も皆楽しそう。

小雨や強風にも見舞われましたが今回初めてしっくり来る野外出店ができました。



 
2015.03.11 Wednesday

時間とともに

春からsosoと木と森の営業が少し変わります。

sosoは娘の茶而が保育園に通園することになり、営業曜日を変更します。
水木金は通常営業、土曜日は事前予約で予約があれば営業。
木と森は翌月の営業を月末にお知らせする不定休となります。

昨日確定申告を終わらせれた。
関西から愛知に帰ってきて早いもので4年。
このところこの4年を振り返る機会が多く、引っ越しを決めた時に今の生活は全く想像もできていなかった。

難しいことは多々ありますが、自分たちのしたいこと楽しいことができるように日々を積み重ねて行く事を大切に、忙しい中毎日を過ごせてることは嬉しい。

子供の成長やお店の流れなどしっかりと観察し、来てくださる方にはご迷惑をお掛けするかもしれませんが、少しずつ一番よい状態で変化を楽しんでもらいながらお店や作品に触れて頂ければ嬉しいです。
2015.01.18 Sunday

2015年になりました。

年が明けて早くも二週間が過ぎ新年気分もすっかりなくりました。

年末は毎年のことながら小忙しくやれどもやれどもやることは無くならず、正月はゆっくりできるからと言い聞かせて気張ってました。

前々から問題だった手つかずの二階の片付け。
押し入れを作るか、収納をつくるか、とりあえずの棚でもつくるか、話は浮かんでは消え浮かんでは消えの約4年。
その4年の間に娘が産まれ、お店を始め、工房も近くで使える所ができ、息子が産まれ、環境が刻々と変化して行く中で本当に必要なものや生活スタイルも見いだせ始めてるお陰で、引っ越し当初この古い家に有った建具や古いものをいつか使うかもと思いから必要になれば自分たちで作ればいいに代わり、まだまだ小さい子ども達が大きくなり各自部屋を必要とした時に改装できる様に備え付けではない収納だと思いを胸にきれいに仕上げない粗々仕上げの棚を大晦日に制作しました。



写真では分かりませんが、二階に持って上がる時に最上部をカットしても尚大きすぎて上がらず苦戦しましたが本当にぎりぎりで入れることができました。(お客さん宅じゃなくてよかった)

元旦は珍しく一切の仕事はしず娘と遊んだりゴロゴロしたりしながら、ゆきちゃんは1人二階の片付け。
この棚1つで多くの段ボールが無くなりきれいに収納され、残すは僕の漫画や雑誌のみになったので2日は本棚を制作と普段なかなかできない好きな仕事を。



今年は珍しく年明けに岡山に帰省。
帰省した次の日に僕だけ10数年ぶりに夜行バスで福岡へ。
福岡も10数年前に中州の屋台を食べたいと言う目的で観光せずに屋台だけ食べて帰ったのでほぼほぼ初めての福岡。
目的はもしも共鳴してもらえるような素敵なお店があれば商品を置いてもらいたいと少し期待の観光半分お仕事半分。
初日の早朝に福岡入りしたのでお正月番組でやってた中央市場で朝食。そのあと太宰府で初詣ののち有名な太宰府スタバでコーヒーと携帯の充電。
その後下調べしてたお店を廻るがお正月明けとあってお休みの所も多く、夜行バスの疲れかはたまた日頃の行いの悪さか履き慣れた靴の紐の具合が悪く脚を引きずらないと歩けないくらいの痛みに。
それでも行ける所は行き、最後はおいしい定食を食べたあと屋台のラーメンを食べホテルへ。

二日目は事前に伺うことを連絡していた「びわ」さんへ。
ふらごはんさん(びわさんと同じ敷地内にある)所でお昼ご飯を頼むと表にびわさんらしき方に声をかけてもらい、ふらごはんさんが調理してる間にびわさんへ。



ここから二階に上がると、とてもコンパクトなお店で商品の数も少ない。お客さんの中には物足りないと思われる方も居るかもしれないけど、店主の方の眼が全てに行き渡ってる感じがしてどの商品も気に入って置かれてるんだろうと想像するには容易い素敵な空間でした。
話もそこそこに持って行っていた商品を見てもらい、先にお昼を頂いてから一階にある「ふら」さん(びわさんのお母さんがされてる喫茶)でお茶を頂きながらお互いのお店のことや僕の商品のことなど色々話し、商品を置いてもらえることに。

そんな嬉しい出会いのあった福岡の旅。
次は夏頃、家族で行ければと思っています。

そんなこんなの年末年始でした。
今年も皆様宜しくお願いします。

木全俊吾




 
2014.10.17 Friday

伊吹山

最近山に登りたく伊吹山に登ってきました。
近くの300mくらいの山は数回行ってきましたが1300mの伊吹山さすがにキツかった。

5合目から山頂は右の一番高い所


頂上から金沢方面の山々


来月も行きたい。
行ったらガスコンロ持っていってカップラーメンを食べたい。

帰りはドイツ人のパイロットと話したり、小熊が200mほど先で歩いていた。
 
2014.09.23 Tuesday

最近の思うこと

独身の時、結婚って未知の世界だと思ってた。
結婚したらそれこそ今までの自分とこれからの自分が寸断されて妻のため家族のため嫌な仕事にめげずに養うことが一番大切にしなくてはならず、自分を殺してでも家族を守んなきゃいけないんだと。

でも実際結婚してもそんなことは起きず好きなことを中心にやっていて、子供も産まれ自営業やお店も始め、毎日ご飯を食べて働いてお風呂に入って寝て起きて、またご飯を食べる。
子供が二人になり、赤ちゃんは元気よく泣いてくれるし、長女の茶而も主張がはっきりとし始めこちらの思い通りにはいかないことも多いけどこれが家族であり人生なんだと実感できるのはすごいことだぞと独身時代の僕に囁きたいなーと独身時代より楽しい今、よく思う。

自己は他者があることで自己であり意見を持てる。
その擦り合わせが上手く行かないこともあればびっくりするくらいスムーズに話が進むこともあって不思議で、いつもスムーズだと良いなと思いながらそうならない時間がきっと自分の成長を促せるタイミングだと思うことで踏ん張れる。
即物的な世の中で一番煩わしいのは人との関係かもしれない。けど、本当に大切なことは煩わしい部分が冒険中に洞窟の奥深くにある宝箱の様に眠ってるように思えてならない。

今の最善が10年後の最善かはわからないけど、今の最善を悩みながら探し出そうとする事が10年後の最善に繋がってくれると信じる心が尊く感じる。

そんな時間を最近過ごせれて本当にありがたくて嬉しくて。
努力とか信念とかそんな重圧の掛かる言葉じゃなくて、単純に心地よく楽しく悩む。

そんな最近の毎日です。
2014.08.12 Tuesday

最近の事

sosoは先月の後半からお休みにしていますが忙しい日々でなかなかです。

先月の26日に長男が誕生しました。
当初は木と森のLawny展が25日までのその日に搬出、翌26日は月の温さんの搬入予定でしたが、月の温さん、Lawnyさんにご協力して頂き、Lawny展を27日まで、月の温さんの搬入を25日に変更してもらったお陰で慌てる事なく立ち会えました。
助産院での出産で分娩室に入ってからも茶而は待機室と分娩室を行ったり来たりしながら最後はゆきちゃんの手を握りながら家族みんなで誕生を見守れ、感慨深いお産でした。

家事全般しながら制作や改装を少しずつ進めています。
家事は家事でレシピ本を借りてきて作りたい料理をゆっくりしてみたり、限られた時間をやりくりしながら最小限の時間で効率よく制作、改装する日々を過ごすと、茶而が産まれた3年前と比べると地に足がついてきてると実感できています。

工房は昨年の秋に抜本的に草刈りをし、春になってからも時間を見つけてはこまめに草を刈っていましたが、梅雨前から初夏に掛けて手が回らなかったので放置していたらすごい事に。昨年の秋の光景がよみがえってくるようで自然の力はやっぱりすごい。
麦わら帽子の涼しさに驚きながら3日ほど掛けてきれいに。

室内は土間打ちする場所の床を剥がし、出入り口にする壁を取り除き、基礎ブロッグを壊す。
想像よりもスムーズに進んで嬉しい。
今月中にこちらに作業場を移せるかな。

 


左の窓部分を新たな出入り口に。

sosoは9月中旬位から再開予定をしています。
再開にあたり、春くらいまで営業曜日の変更も検討しておりますので決まり次第お知らせします。

出店、出品予定も少しずつ決まってきています。
こちらもまたホームページでアップします。
2014.06.30 Monday

お休み

6月は忙しかった。

忙しいながらも大きなミスもなく滞りなく今月を終わる事が出来たのは本当に嬉しい。

昨日金沢を旅行してきた。
前日にはオーダーをいただいてたTVボードを納品し、素敵なお宅にお邪魔してゆっくり色んな話をさせてもらい、その後金沢へ。
仕事以外にホテルで泊まって出かける事なんて全くないの時間に追われる事なく気持ちものんびりに。
ホテルにこだわりがないので大抵比較サイトから選ぶので期待しずに行くんですが、今回は海外のゲストハウスのような雰囲気のホテルで過ごしやすく嬉しかった。
チェックアウトしたからお昼に再度戻ってコーヒーをいただきながら話すと面白い縁を感じて楽しかった。

21世紀美術館に行った後教えてもらったお店をぶらり。

最後に伺ったコトノエさんでいろいろと楽しくお話させてもらい、とても楽しかった。
コトノエさんは前日にTVボードを納品したお宅にソファーを納品されてたり、泊まったホテルの方と仲良しだったりと話題は尽きず後ろ髪を引かれる思いで帰ってきました。

良いお休みの話でした。

 
Powered by
30days Album
Sponsored Links