エントリー  コメント  トラックバック  カテゴリー  リンク  プロフィール 
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2018.02.07 Wednesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2012.11.09 Friday

木の脚

 作り物のupが続いていますが、、、

習作としての木の脚のテーブルを制作しました。

 


 


今まで天板や座面は木で制作し、脚や構造の柱となる部分は鉄でやっているのですが、木の脚のテーブルがいいと言っていただいた事もあり、まずは自分で使う分でやってみたのです。

僕は家具を専門的に勉強してる訳でもなく加工する機械も立派なものはなにもなく手仕事の技術もたかがしれています。
そんな中で出来る事としたい事を照らし合わせながら、その時に必要な技術を習作としての制作で少しずつ身につけた後にお客さんの家具を作っています。
今回は木の脚でテーブルを作ったことはなく、天板にビスを打たずに組木で止めています。(前に作ったテレビボードはビスで止めています。)

主に材料としては天板は杉、脚は松を使用しています。

独学で作りながら考えなが学んでいるため他の方と比べると作り方は若干異なってるかもしれません。
料理で例えると市場で大きな魚を仕入れ、三枚におろし、多くの料理に対応で居るような下準備をして調理にあたるのに対し、魚のあらで下処理をし煮込み料理を作る。
前者は多くの要望に対応でき自由度も高いですが、後者はとても限定的です。
僕の作る家具は後者なんだと思って制作しています。
限定的で自由度がなくハレの日の料理は作れません。
しかし毎日の生活にそっと添えられる、お米が進むような温かみのある綺麗よりかわいいものであばと考えております。

そんなことを思いながらデザインし、制作しております。
2012.11.05 Monday

販売箱

 季節のお菓子とおやつを作られてるgattoさんからお話をいただいて制作しました。

 箱状で前に少しせり出したい。
 お菓子を置く面を白で。
 下に引き出しを付ける。

この位の条件を申してもらいそれを基に出来たのがこちら

 

  

  

  

  


引き出しは前後どちらにでも引き出せ、取り外しも容易。
白く塗られてる部分はカシュー塗料を厚めに塗り独特の光沢とモッチリ感がでています。

上二つの棚板は少し前にも出せ、取り外しも可能。


お話いただいて制作しているもののほとんどは大まかなサイズと雰囲気や形などおぼろげながらでもあるイメージをお話いただき、その話から考えられるイメージを何種類かこちらから再度提示し、それを叩き台にしてより具体的な形や機能を決めて行っています。
gattoさんの場合は木と森で商品を見ながら「この感じにこれを合わせて、この前ブログに載ってたあれをつけてー」と話をして決めていきました。
売ってる現物の商品をただ販売するのはお客さんの納得の上なのでこちらのストレスも少なく気楽ですが、まだ見ぬオリジナルの商品を互いにイメージをしながらやり取りをし、具体的にして行く。そんな出来上がりまでの過程ややり取りはプレッシャーや納品までの不安は比べ物になりませんが楽しくとても嬉しいです。
2012.10.26 Friday

TVボード

 少し大きいものですがTVボード制作しました。
サイズ的にも仕事量的にも1,2を争い、とてもやりがいを感じながら慎重に慎重を重ねて制作しました。

 

木の部分は全て杉。そこにつや消しクリア塗装した鉄です。
サイズは1400×450×500

  

取手も鉄で制作。

  

少し写真の雰囲気は変わりますが引き出しの中、裏面も薄い杉板です。

  

  


2012.10.05 Friday

移動式販売台

 久しぶりに作った物をアップします。

靴下のhacuさんに移動式の販売台を作って欲しいとお話をいただき制作しました。
靴下を入れるカゴを先に決めていただいてて、それに合わせて販売台してカゴを引き出した状態でキープする事や前に出す事を軸にサイズに合わせながら制作しながら考え、変更し形作りました。

正面(裏にもなる)
  

斜め

  

裏(正面にもなる)

  

物をいれると

 

裏(正面にもなる)

 

裏の板をフックを外し倒すと前面にカゴを引き出した状態にできます。
アーム部分(斜めに板を支えてる部分)もオリジナルです。うまくいってよかった、、、

下の引き出しは前面からも背面からも取り出せ、使い方によっては箱のみの使用もできるようあえて一枚の板でなくりんご箱のように隙間を作ってあります。

  

hacuさんは10/14に愛知県の江南市にある花音(かのん)さんで行なわれるイベントアキノヒマルシェに出店される予定で、その際にこの販売台を使用してくれるとの事です。お近くのかた、またお時間ある方是非足をお運びください。

10/8(祝)は木と森営業いたします。
翌10/9は振替定休日としてSOSOはお休みをいただきます。
  
2012.09.04 Tuesday

バチバチバチーー

 作業場が新しくなりそれに伴い今まで簡易作業台しかなかったので鉄用の作業台と木工用の作業台を制作してました。
それに加え溶接機の電圧を100Vから200Vに変更。具体的にどんな変化があったかと言うと、原付バイクから大きいバイクに乗り換えたような、真夏にタイトなジーンズからゆるゆるな短パンに履き替えたような快適さ。使う事が楽しくなってます。
仕事が少したまってきたのでこの快適さに身を任せてバチバチバチと溶接。
順調です。

  
2012.08.09 Thursday

下駄箱

 改装も済み、制作場所も少しずつ移動していますが工房と勝手口が兼用なのです。
そのため靴が木屑や埃にまみれ履くたびにブラッシングが必要で、作業も気を使いながその都度靴から離れて作業していましたが、その不要な苦労を改善すべく下駄箱を制作しました。

以前は朽ち果ててるレンガに古い板を乗せただけの

 

これはこれで好きなんですけど靴にはかわいそう。
なので蓋付きの下駄箱です。

 

 

 

材料は木材は杉、蓋は鉄です。
取手がある方が開閉は楽かもしれませんが無い方がシンプルで好きです。

下二段は材料が足らなくなり、次回鉄を買いに行くまではこのままです。

これで作業もし易くなる。
2012.07.25 Wednesday

ざくざくざくーー

  ストレートシャー

この道具の名前です。

 

鉄を使った商品を作ってますが鉄板を使いたくても鋼材屋さんで手に入るのは
畳一枚分のサイズ以上。
切断方法は手元の道具で不可能ではないんですが、かなり困難。
新たな道具を購入するにしても鉄板の使用頻度は今までなくても大丈夫だったくらいなので
高価な物や大きいものは遠慮したかったので鉄板はいままで使いませんでした。

しかし、このストレートシャー、なんとハサミのごとく鉄板を切って行きます。
厚みの限界値は1.6mmですが、騒音も少なく思ったより精度よくしあがります。
前回のブログにアップした制作中の棚に鉄板を使う予定。
新たな道具は制作の幅を広げてくれる魔法を待ってます。
2012.07.23 Monday

移動式ラック

 改装で出来た新たなスペースに食料や調味料のストック置き場が欲しいとゆきちゃんに頼まれ制作中。

始めは設置型の棚を作ろうと思ったけど可動式の方が使い勝手が良くない?て話しになり可動式に。
といってもキャスターを付けるだけなんですがこのお陰で作り方が複雑に。

なんでも挑戦。
頭では出来るだろうなーと思ってるだけでは経験値は上がらないので
あえて少し難易度を上げて作ってます。

現段階ではこんな感じ

 

下の部分には一升瓶などのが入れれるように。
上の部分には乾物等々。
使うのは僕ではないので上手に使ってくれるはず。

また出来たら写真アップしよっと。
2012.07.18 Wednesday

鉄製ポールスタンド

  梅雨明けもし夏本番な気温。暑いしか出て来ない。

鉄のポールスタンドを制作しました。

以前、ハンガーラックをご購入していただいたお客さまで
大まかなイメージとサイズ(高さ)をお伝えいただき、相談の後形を決めました。

 


 

 

9mm丸棒8本一本ずつ曲げtopの長さをまちまちにし集合させ放射状に溶接。
最後につや消しクリア塗装してあります。

始めは少し不安でしたが出来てみたらとても満足いくポールスタンドが出来ました!ありがとうございます。
2012.07.10 Tuesday

急須の取手

 大阪の高槻にある辻本さんの「うららか陶芸教室」の生徒さんから自身の作られた器に真鍮の取手を取り付けたいのでできますか?と問い合わせをいただいて制作しました。

写真は自宅にあった急須に取り付けが出来たので取り付けイメージなので悪しからず。

 

 

制作された器に上手く取り付けれますように、、、


Powered by
30days Album
Sponsored Links